HOME > 技術情報 > 活用提案システム > カタログ連動デジタルサイネージ

カタログ連動デジタルサイネージ

カタログ連動デジタルサイネージ

カタログラックに手を伸ばすと案内映像を表示!

通常時はスケジュールに従ってコンテンツ再生を行うデジタルサイネージとして動作。
カタログに手を伸ばすと、手の先にあるカタログに連動したコンテンツを大画面に自動表示。
カタログの効果を高めることができます。

特徴

●通常時はデジタルサイネージ
普段はPowerPointやFlash、動画などを自由にスケジュールしてサイネージとして運用します。
●デジタルサイネージには【Info Viewer】を採用
簡単操作がコンセプトの、どなたにでも使いやすい【Info Viewer】で、スケジュール管理を行えます。
●画面外があたかもタッチパネルのように利用可能
画面の外にあるカタログラック。手を伸ばすカタログの場所により、再生するコンテンツを切り替えられます。
●カタログラックの形状に合わせて設定が可能
カタログの置き方に合わせて検知エリアや対応するコンテンツの設定が可能。造り付けにも対応可能です。
●カタログだけでなく商品ラックにも展開可能
カタログ置き場だけでなく売り場に応用。商品に手を伸ばすと説明コンテンツが流れだす、ということも。

比較

比較

* 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

ページトップ