HOME > 納入事例 > 梅田芸術劇場 メインホールさま

梅田芸術劇場 メインホールさま

梅田芸術劇場 メインホールさま

多彩な舞台芸術を
サポートする「音環境」

納入システム
  • 舞台音響システム

より多くの人々へ、あらゆる劇場文化を

大阪の中心、梅田・茶屋町にある梅田芸術劇場メインホールでは、演劇・ミュージカル・バレエ・オーケストラなど、さまざまなジャンルの舞台芸術を多くの方々に提供しています。
JATOの音響システムは、多彩な催物の演出をサポートしています。

極上の音環境を創造できるシステムをご採用いただきました。

高い操作性と優れた利便性を備えたデジタル・ミキサー

梅田芸術劇場のメインホールで上演される演目は世界トップクラスの作品が多く、コンソール(音響調整卓)にはこれらの音環境を最大限に表現するための操作性が要求されます。今回納入いたしましたデジタル・ミキサーは、その要求に応えられるシステムで、さらにモニター画面を駆使してレベルやEQを設定できる利便性も高く評価されています。

音響調整卓

▲音響調整卓

出力制御架・アンプ架

▲出力制御架・アンプ架

I/O架・入力パッチ架

▲I/O架・入力パッチ架

各種設定・監視用パソコン

▲各種設定・監視用パソコン

すべての客席で明瞭性の高いラインアレースピーカー

舞台正面(メインスピーカー・サイドスピーカー)

▲舞台正面(メインスピーカー・サイドスピーカー)

サイドスピーカー

▲サイドスピーカー

メインスピーカー

▲メインスピーカー

大規模劇場空間では、スピーカーからの音が天井や壁に反射し、客席によってはエコーが発生してしまうこともあります。今回納入いたしましたラインアレースピーカーは、従来のスピーカーと違い反射音が少なく、どの客席でも高い明瞭性を確保できます。

お客さまの声

公演ジャンルや上演規模に合わせてフレキシブルに対応できる音響システム

2005年4月に「梅田芸術劇場」としてリニューアルオープンしましたが、音響システムは、15年前の竣工時以来全面更新できておらず、今回の改修となりました。価格はもちろん機材の選定についても大変満足しております。
主催公演だけではなく貸館としても運営している当劇場にとっては、持ち込み機材との整合性も考える必要があるのですが、今回導入のシステムには汎用性の高い機材が多く、さまざまなジャンルの演目にもフレキシブルに対応できています。

製品で選ぶ

ページトップ