HOME > 納入事例 > 梅田スカイビルさま

梅田スカイビルさま

梅田スカイビルさま

入場券の種別をリアルタイムで集計
タッチパネルの便利さでも
選ばれました。

納入システム
  • 施設入場システム

大阪一の展望台・空中庭園をはじめ 食と文化が集まるランドマークタワー

大阪駅の北エリアにあり、世界で一番美しいフォルムと言われている梅田スカイビル。滝のせせらぎ、花と緑に囲まれたオアシス空間のほか、昭和初期の懐かしさあふれる食堂街、さまざまなイベントが楽しめるスペースなどがあり、中でも一番人気なのが「空中庭園展望台」です。360°のパノラマがぐるりと見渡せる屋上展望フロアは、大阪観光のメッカとして人気を集めています。

受付パソコンで数多くの券種を簡単チェック
蓄積データをもとに請求書を容易に作成

入場券データをリアルタイムに蓄積

観光スポットや遊園地では、エントランスの券売機で発券するチケットのほか、数多くの委託先が扱う入場券や割引券を管理しなければなりません。これらを受付窓口で受付係がもれなくチェックするのは容易ではありません。
今回、ご採用いただいた「施設入場システム」では、パソコンで入場券の種類を容易に区分けできるので、委託先ごとの管理が容易になりました。また券売機や受付窓口のパソコンから入力される入場券データは、即座に自動集計され、現時点での入場者数や売り上げ金額が表示されます。これまでのように手作業による細かく複雑な集計作業は必要がなく、人為的ミスの防止が可能になりました。

エントランスの券売機

▲エントランスの券売機

受付窓口

▲受付窓口

受付窓口のモニタ画面

▲受付窓口のモニタ画面
よく利用される委託先はあらかじめ表示される設定

管理パソコン

▲管理パソコン

チケットを委託先ごとに集計管理

タッチパネル操作なので、マウスやキーボードは不要

▲タッチパネル操作なので、マウスやキーボードは不要

入場券はエントランスの発券機で発券されるほか、旅行代理店や鉄道会社などの委託先が扱うチケットが数多くあり、その券種により団体割引やクーポン割引など金額もさまざまです。これらを受付窓口のパソコン画面で判別しながら容易に管理できるようになっているので、スムーズな運用が可能になります。
また委託先が扱うチケットは「売り掛け」になっていますが、受付窓口で入力されたデータをもとに委託先ごとの集計を行い、そのまま月ごとの請求書を作成することも容易になりました。

お客さまの声

空中庭園展望台 スカイクルー 俵幸子さま

便利なタッチパネル操作で受付業務が軽減されました。

今までの受付業務で煩雑だったのは、入場券を委託先ごとにチェックすることでした。これまではレシートに手書きで委託先を記入していたのですが、今ではモニタ画面のタッチパネルに表示される委託先を押すだけで、そのままレシートにも記載されるようになりました。また一日の集計作業の場合、これまでは一度パソコンを終了させてしまうと、追加集計できませんでしたが、今ではリアルタイムで入場者数や売り上げが集計されるようになりました。システムが便利になり、集計業務が軽減された分、お客さまに笑顔で接する時間が少し長くなったような気がしています。

空中庭園展望台 スカイクルー 俵幸子さま

JATOの声

システム更新時の基本はお客さまの要望を満たすこと

「梅田スカイビル」さまから、5年前に導入された集計システムを更新したいとのご意向がありました。すでにお使いいただいていたシステムの改善なので、お客さまからのご要望は具体的かつ明確でした。よってこれらをひとつひとつクリアにしながら、お客さまにご満足いただけるソフトウェアづくりに取り組むことができました。新しいシステムを納入させていただき、数カ月が経ちましたが、実際に操作されているスタッフの方々から、「以前より使い勝手が良くなった」とのお言葉をいただき、安心すると同時に、大変ありがたく思っております。

関連製品情報

  • デジタルサイネージシステム【Info Viewer】

製品で選ぶ

ページトップ